ホーム >> Announcement & Report >> Report >> 森のちからキャンプ2010

森のちからキャンプ2010 | すべての人と 森づくりを|森のライフスタイル研究所

Announcement

森のちからキャンプ2010

2010/07/30 いちはら市民の森キャンプ場

終了しました レポート公開中 2014/07/24 Update

7/30~ 森のちからキャンプin千葉・市原を開催します。

森林トレッキング、間伐体験、森の色づくり体験、焚火づくり体験、ダッチオーブン体験など

Guideline

活動名 森のちからキャンプ2010
開催日時 2010/07/30(金) ~2010/08/01(日)
開催場所 いちはら市民の森キャンプ場 (千葉県市原市柿木台1011番地)
活動内容 森林トレッキング、間伐体験、森の色づくり体験、焚火づくり体験、ダッチオーブン体験など
PDFはこちら
集合
スケジュール
持ち物 ・雨具(カッパなど)、着替え、暖かい服装もご用意されることをおすすめします。
・靴は履きなれた運動靴類を履いてきてください。
・懐中電灯や洗面道具、常備薬など各自必要だと思うものをご用意下さい。
募集対象 小学生/中学生(親子での参加も可)
参加者数 54名
参加費 5,250円
申込期限
注意点 野外は天気が変わりやすく、夜間は冷え込みます。
ご連絡
その他 主催 NPO法人森のライフスタイル研究所  平成22年度 子どもゆめ基金助成事業

Report

いちはら市民の森キャンプ場で森のちからキャンプ2010を行ないました。

森と育った2泊3日。楽しい森あそびがチカラになる森のちからキャンプ開催。

真夏恒例の子ども向け(たまに親子も)森のちからキャンプを今年は、7月30日から8月1日の2泊3日の行程で実施しました。参加者は千葉県、東京都、長野県から総勢54名。その他に20名を超える運営スタッフが参加者の安全を陰ながらお手伝いしました。
キャンプのメインテーマは、自然体験を通じた“成長”。そしてさらに“生きるチカラ”の獲得を目指しました。
今回は、ダッチオーブン・森林観察・トレッキング・間伐・木工・森の色づくりなど森にまつわるさまざまなメニューを準備し、子どもたちを野外活動のアドベンチャーワールドへと導きました。初日の晩御飯にはダッチオーブンを使い「季節の野菜のスタミナ蒸し」をつくりました。はじめてダッチオーブンを触る子、はじめてダッチオーブンという料理道具を知った子も多数いたほか、「ノコギリって押しても切れないんだ!力の入れ具合がむずかしい。」と言い、はじめて使うノコギリのむずかしさを実感していた子もいるなど、はじめてづくしの活動メニューをおおいに楽しんでいるようでした。
「葉っぱの色の緑って絵具にない色なんだ!!! どんな色を混ぜるといいんだろう。」はじめての森の色づくりに挑戦したある子どもの感想です。「暑いけれど楽しい。」「汗をかいても泥だらけになっても楽しい。」「自然ってゲームじゃないんだね。」久しぶりの自然体験をした小学6年生のつぶやいた言葉…。どれも子どもならではの素直な気持ちが言葉に表れていました。
2日目の晩御飯はピザでした。地元のガーデナーさんが自作したピザ窯を持ち込んでくださり、子どもは一日店長ならぬ“一晩ピザ職人”。そんななか1人の小学2年生が『星形』のピザ生地をつくったのでした。「“天才”ここに現る。」って感じです。みんなが丸い生地をつくっているなかで、1人だけ違う形なら「みんなと同じようにつくりなさい。」ってなるかもしれないけれど、僕はその子のアイディアを尊重したい。特に「丸い生地をつくってね。」とは言っていないし、ピザの生地は丸形とも決まっていない。だからこそ、その子の柔軟な発想は天才なのだ。
今回で6回目となった森のちからキャンプ。1回目のキャンプに来た小学6年生は今、高校3年生。このキャンプの卒業生から何人の天才が現れていくのか…、とても楽しみにしています。

Photo

Page Top